建物の贈与に関して

建物の贈与に関して

築25年、鉄筋コンクリート造の家です。
現在の固定資産税評価額は2400万円(建物のみ)です。
土地は借地のため借地権付建物となります。
あまりにメンテナンスをしてこなかったため一度売却をする場合の査定を不動産屋にしてもらった所、建物には価値はつかない(リフォーム必須の上広いためリフォーム費用も高くなる)、借地権の評価額としては3000万くらいですが何しろ借地権のため買い叩かれました。
売却しても2400万だそうです。
ここでとても疑問なのですが他人が買うなら2400万なのに親からの贈与となると5400万円の贈与として見られるのでしょうか。
いろいろな事情から親から私に名義変更をしたいのですが実際の家の状態は関係なく税金が課せられるのかと思うと不思議でなりません。
地主さんの意向から転貸などは認めてもらえません。
雨漏り修繕などリフォームには1500万円ほどかかりそうです。
まだローンも残っており負担付贈与だと税金の評価額ではなく、時価でもっと高くなるとのこと。
時価って実際に売却する際の値段とは違うのでしょうか。
不動産屋さんにしてもらった査定とはまた違うのでしょうか。
詳しい方、アドバイスお願いします。

相続の場合は、建物は固定資産税評価額での評価ですので、
2,400万円となります。

時価とは実際の取引価格ですので、固定資産税評価額よりも
高くなります。

贈与を受ける場合は、不動産業者に建物の相場価格を
出してもらうか、不動産鑑定士に出してもらい、その金額
をもとに贈与税の計算をします。

ありがとうございます。
大変参考になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です